ビルズお台場ランチ♪リコッタチーズパンケーキと和牛チーズバーガー

世界一の朝食と称されたスクランブルエッグや、リコッタパンケーキで有名なオーストラリアのレストラン、ビルズ(Bills)のお台場店に行ってきました。東京、神奈川県、大阪、福岡に店舗があり、東京・表参道などはいつも長い行列ができていると聞いていたので、少し早めにのランチを目当てに出かけ、レインボーブリッジが見わたせるテラス席をゲット。贅沢なひと時を楽しみました。

ビルズお台場は並ぶ?混雑状況は?

平日のビルズお台場。並ばずに入れた♪

ビルズといえば、いつも長い行列のイメージですが、お台場は比較的空いていて、待っている人はゼロ。すぐに席に座ることができました。(平日の正午過ぎ)こんな感じで、お席に余裕がありました。

ベビーカーを持ち、小さなお子さんを連れたお母さんたちも、ソファーの席でゆったりされていました。奥には綺麗にディスプレイされた本棚のあるお席もありました。

ビルズお台場
ビルズお台場

テラス席からはレインボーブリッジが見える

私が選んだのはテラス席。風が気持ちよくて、レインボーブリッジも見えましたよ。夜くると夜景も楽しめそうですね。テラス席はわんこOKのようで、可愛いワンちゃんも連れたお客さんが、お店の方に誘導されて、テラス側から席についていました。

ビルズお台場のテラス席
テラス席から見えるレインボーブリッジ

ビルズと言えばリコッタチーズパンケーキ

ハニーコムバターがポイント

こちらがビルズのリコッタパンケーキ・フレッシュバナナ・ハニーコムバター 1,600円(2019年7月現在)生クリームやフルーツがたくさん乗っている訳ではなく、素朴な見た目。でも、オシャレに見えるからさすがビルズといったところ。

リコッタパンケーキハニーコムバター

上に乗っているのはバナナの輪切りではなく、「コムバター」というバターです。普通のバターと違って脂っこさがなくて、ミルキーで滑らかでとても美味しいです。パンケーキ自体はさっぱりとしていてそれほど甘くないので、パクパク食べられます。

まずは何もつけずに。次にコムバターの風味を味わいながら。最後にメープルシロップをかけて。と、一度に三パターンを楽しむのがおすすめです。

リコッタチーズってなに?

リコッタチーズはほんのり爽やかな酸味と、優しいミルクの味が特徴です。そのリコッタチーズを使ったパンケーキはあっさりとしてぺろっと食べられます。ふわふわのメレンゲを使って焼き上げているので、口に入れるととろけるような食感。

見た目はボリューミーなのに、重くないというのもハマる理由かもしれませんね。最近はリコッタチーズパンケーキのレシピもたくさん紹介されていて、お料理にも使えるリコッタチーズ自体も人気になっているようです。
リコッタチーズはどこに売ってる?都内大捜索!

和牛チーズバーガー

和牛チーズバーガー

メニューに書いてあったお料理名は「和牛チーズバーガー・メープルベーコンクランチとグリルトマト、きゅうりのディルピクルス、フレンチフライ」です。2,200円(2019年7月現在)

ランチタイムはこのお値段でしたが、17時からのディナーのメニューでは2,400円でした。クア・アイナのバーガーと比べると値段はお高めです。

和牛チーズバーガー

上に乗っているのがメープルベーコンクランチです。肉汁がジュワジュワ。肉の旨味が半端ないバーガーです。バンズもサクサクで美味しかった♪

今日のランチ代

リコッタパンケーキ・フレッシュバナナ・ハニーコムバター1,600円
和牛チーズバーガー・メープルベーコンクランチとグリルトマト、きゅうりのディルピクルス、フレンチフライ2,400円
コールドブリューアイスコーヒー750円×2人分=1,500円
合計5,500円(税別)

ランチタイムに2人で行き、リコッタチーズパンケーキと和牛チーズバーガーを注文して、2人でシェアして食べました。アイスコーヒーも入れると2人で5,500円(税別)1人2,250円となりました。

パンケーキは3枚ありましたし、量的には満足。ランチで2,000円超えは高いですけれど、ローケーションやオシャレ感、立地を考えるとこんなもんでしょうか?

ビルズお台場へのアクセス

ゆりかもめのお台場海浜公園駅。改札を出たら右(北出口方面)へ。階段を降りずに左に曲がると「DECKS」の大きく書かれたビルが見えてきます。billsお台場はこの中にあります。